2016年11月11日

アメリカ大統領選挙

アメリカ大統領選挙が終わって、トランプ氏がヒラリー候補を破って、大統領となりましたね。

基本的にはとてもインパクトのあることで、ほかの国は分かりませんが、日本人の多くがヒラリー候補が勝つと思っていたのではないでしょうか。

でもって、今アメリカでは「デモ」いう名の暴動が起きてますね。
ひたすら訴えるならまだいいです。でも、お店を破壊したり、単なる暴力行為に出でている。
そんな暴力行為をする人たちが指示する候補者なんて、やっぱりダメじゃんって話になってしまうのではないでしょうか。
アメリカの法律やルールが分かりませんが、もし署名を集めたり、議員が何かしらの訴えをしっかりと起こすことで、トランプ氏を下すことができるのであれば、その手順を正しく踏めばいいのではないのでしょうか。

もし、そういう方法がなく、もうトランプ氏が大統領で行くしかないのであれば、それを受けいれていくしかないようにも思います。

しかしながら、トランプ氏が大統領になったところで何かが大きく変わるのか?という疑問があります。
単純なところで、オバマ氏が黒人初の大統領となりました。これも凄いことでしたよね。
しかしながら、これによりアメリカでの人種差別の動きが何か変わりましたか?
何も変わっちゃいないと思います。相変わらず黒人が白人警官に殺され続けて、2016年に白人警官から殺された黒人は、2015年に殺された黒人の数より多いらしいです。倍まではいきませんが、倍近くの数のようです。
黒人が大統領になっても、アメリカでの黒人の扱いは、変わらず差別の対象なのです。

そんなアメリカなのに、ちょっと強烈なキャラのトランプ氏が大統領になったところで何が変わるというのでしょうか?
もし、ヒラリー候補が大統領になっていたら、何が変わったというのでしょうか?

おそらく、どちらでも大きくは変わらないですよね?

だとすればトランプ氏の方が、多少なりとも変化の可能性はあるのではないでしょうか・・・

いずれにしても、選挙結果に暴動を起こすのは、まったくもって筋違いです。
暴動を起こしたアメリカ人は、いずれも処罰されるべきで、そんな奴らいるアメリカの国民たちは、この事態を恥じるべきだと思いますね。
posted by SHU in CT at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする